コンテンツにスキップ
黒いまな板で人気の「エピキュリアン」のメリットとデメリットを解説!

黒いまな板で人気の「エピキュリアン」のメリットとデメリットを解説!

テレビで黒いまな板を見かけたけど、黒いまな板って良いの?

今回はこんなお悩みを解決します。

本記事の内容

 

  • エピキュリアン(epicurean)の黒いまな板がおすすめな理由
    ・エピキュリアンとは
  • メリット5つ
    ①食材が見やすい
    ②軽いので調理が楽
    ③耐熱なので食洗機で洗える
    ④すぐに乾くので衛生的
    ⑤キッチンが引き締まる
  • デメリット3つ
    ①使い始めの匂い
    ②音が硬く響く
    ③滑りやすい



こんにちは、SOLKLANDです。

白色や木目のイメージがあるまな板が、黒色だと違和感を感じる方も多いと思います。
しかし、意外にも黒いまな板はおすすめです。

理由は「食材が映える」のと、「白っぽいキッチンが引き締まりおしゃれ感が増す」からです。

そこで今回は「エピキュリアンの黒いまな板」をメリットとデメリットを踏まえて紹介します。
スタイリッシュなキッチンツールを探している方に必見の内容です。



Mサイズ(29.0×22.7×0.6cm) ¥3,960(税込み)


エピキュリアン(epicurean)の黒いまな板がおすすめな理由

エピキュリアン(epicurean)の黒いまな板がおすすめな理由

エピキュリアンのまな板は軽くて扱いやすく、耐熱なので食洗機で洗えてとっても便利です。
黒いことにより食材の見栄えが良く、立てかけておくだけでキッチンもオシャレに見えます。

エピキュリアンとは

エピキュリアンとは
2003年に誕生したエピキュリアン(epicurean)は、アメリカのキッチンツールブランドです。
美食を追求する人々に向けたスタイリッシュなデザインのアイテムが、世界中で愛されています。

エピキュリアン公式ホームページ

エピキュリアン公式Instagram


具体的にどんなメリットがあるのかを次に紹介します。

メリット5つ

メリット5つ

「エピキュリアンの黒いまな板」のメリット5つを紹介します。

 

  • 食材が見やすい
  • 軽いので調理が楽
  • 耐熱なので食洗機で洗える
  • すぐに乾くので衛生的
  • キッチンが引き締まる

 

 

食材が見やすい

黒いまな板は食材が見やすくきわだちます。
肉料理をまな板でカットした後に、そのまま食卓に提供しても様になるくらい、見栄えが良いです。

軽いので調理が楽

薄く軽いので扱いやすく、調理作業が楽になります。
Mサイズ(29.0×22.7cm)でも厚さはわずか0.6cmで、重さは460gです。

 

耐熱なので食洗機で洗える

耐熱温度が176℃まであるので、食洗器で洗えてとっても楽です。
また、鍋敷きやオーブンで焼いた後のグラタン皿を載せることもでき、キッチンを傷めないための仮置きにも使えます。

 

すぐに乾くので衛生的

汚れが落ちやすく、すぐに乾くので衛生的です。
穴があるのでS字フックにかけて乾かせるので、重いまな板と比べて洗った後も楽です。

 

キッチンが引き締まる

黒いまな板を立てかけておくだけで、白いものが多くぼんやりした印象のキッチンが引き締まって見えます。
見せる収納にあうスタイリッシュなデザインなのも、人気の理由です。

続いて、気になるデメリットを見てみましょう。

 

デメリット3つ

デメリット3つ

「エピキュリアンの黒いまな板」のデメリットがこちらの3つです。

 

  • 使い始めの匂い
  • 音が硬く響く
  • 滑りやすい

 

 

使い始めの匂い

1番のデメリットに使い始めは、絵の具のような独特な匂いがあることです。
しばらく使用すると匂いも減りますが、気になる方や合わない方もいます。

 

音が硬く響く

包丁の音が通常のまな板のあたたかい音と比べて、硬めの響く音がします。
料理している感じが増すように感じるか、耳障りな音に感じるか、好みが分かれるところです。

 

滑りやすい


重量が軽いため調理台の上から動いたり、滑ったりすることがあります。
気になる方は、まな板の下にキッチンペーパーを敷いたりする手間が必要になってしまいます。

 



エピキュリアンの黒いまな板


Mサイズ(29.0×22.7×0.6cm) ¥3,960(税込み)


  • 素材・材料:セルロース繊維加工品
  • 本体重量:460g
  • 原産国:アメリカ合衆国



Sサイズ/Mサイズ2枚セット ¥5,500(税込み)


  • Mサイズ:29.0×22.7×0.6cm、460g
  • Sサイズ:20.3×15.2×0.6cm、240g
  • 素材・材料:セルロース繊維加工品
  • 原産国:アメリカ合衆国

 

 

まとめ:黒色のまな板はおしゃれでスタイリッシュ

今回は、「黒いまな板で人気のエピキュリアンのメリットとデメリットを解説!」をテーマにお届けしました。

 

  • 食材が見やすくキッチンが引き締まってオシャレ
  • 食洗機で洗えてすぐに乾いて衛生的
  • 薄くて軽いので取り扱いが楽


黒色のまな板は意外かもしれません。
おしゃれな見せる収納を目指している方は、ぜひ一度試してみて下さい。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。
SOLKLANDはおしゃれ・おもしろ雑貨のセレクトショップです。
あなたの暮らしのスパイスになるような、日常を楽しくする情報を届けられたら嬉しいです。

あわせて読みたい
まな板も鮮やか!オシャレなキッチンツールJosephJoseph


前の記事 トースターが大人気のアラジンってどこの国の会社なの?