コンテンツにスキップ
劇的にご飯を美味しく炊ける!ストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」のメリットとデメリット

劇的にご飯を美味しく炊ける!ストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」のメリットとデメリット

ご飯を炊飯器で少量だけ炊くと、なぜか美味しくない。

今回はこんなお悩みを解決します。


本記事の内容

  • 鍋でご飯を炊くのがおすすめな理由は?
  • フランス製のストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」がおすすめ
    ・ストウブ(staub)とは
  • 「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのメリット3つ
    ①洗い物が減り時短にもなる
    ②コンロ掃除が楽になる
    ③少量の調理にも使えて保温性も高い
  • 「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのデメリット3つ
    ①安定した炊きあがりになるまで何度も調整が必要
    ②IHが検知しないことがある
    ③定期的にシーズニングする必要がある


こんにちは、SOLKLANDです。

一人暮らしになって炊飯器でお米を炊くと、「思っていたよりも美味しくない」と感じる方も多いと思います。
実は、少量のお米を炊くときには、炊飯器よりも鍋で炊くのがおすすめです。

鍋で炊くとお米の芯まで火が通り、冷めても美味しいご飯が出来上がるからです。
また、炊きあがりまでの時間も炊飯器より短く、時短にもなります。

そこで今回は、具体的に「鍋でご飯を炊くと美味しい理由」を解説し、1合炊きにおすすめなストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」のメリットとデメリットをお伝えします。
炊飯器に戻れなくなるほど劇的に美味しいご飯に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

 

鍋でご飯を炊くのがおすすめな理由は?

鍋でご飯を炊くのがおすすめな理由は?

そもそも炊飯器は、釜や鍋で炊いたときの美味しさに近づくために、商品開発を続けています。

具体的に鍋で炊飯したときの良さがこちらです。

  • お米の芯までムラなく火が通るので、お弁当で冷めても美味しい
  • 水分が全体にしみわたり、1つ1つのお米がツヤツヤふっくらして甘さも出る
  • 炊飯器ではむずかしい、おこげを作ることができる


それでは、「炊飯用の鍋」について見てみましょう。

 

フランス製のストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」がおすすめ

フランス製のストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」がおすすめ

鍋で炊飯をするのに、フランス製のストウブ 「ラ・ココット de GOHAN」がおすすめです。
羽釜のような丸い形をした厚手のホーロー鍋が、素材のうまみを逃がさず、お米をむらなくふっくらと炊き上げてくれます。
実際に、機能重視派のシェフや料理愛好家に利用者が多いです。

ストウブ の「ラ・ココット de GOHAN」 ¥16,500(税込み)


 

ストウブ(staub)とは

ストウブ(staub)は、1974年にフランスのアルザス地方で誕生した調理器具メーカーです。
現在はフランスだけでなく日本や韓国、アメリカなど、世界50カ国で愛用されるほど大人気。
日本での販売は、ドイツの刃物会社「ツヴィリング」が公式通販店として販売しています。

>ツヴィリング(Zwilling)公式ページ
https://www.zwilling.com/jp/staub/

ストウブの鍋の中でも、1番ご飯を美味しく炊けるのが「ラ・ココット de GOHAN」のSサイズ(1合用)です。
また、炊飯以外にも「ラ・ココット de GOHAN」のSサイズは優秀なので、メリットをまとめて紹介します。

「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのメリット3つ



「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのメリット3つがこちらです。
・洗い物が減り時短にもなる
・コンロ掃除が楽になる
・少量の調理にも使えて保温性も高い

洗い物が減り時短にもなる

ココット de GOHANのSサイズ(1合用)はコンパクトなので、ご飯が炊きあがった後は容器に移さなくても、そのまま「おひつ」変わりに使えます。
また、炊飯以外のおかずを調理した時にも、鍋ごと冷蔵庫に入れて保存できるので、洗い物の数が減って時短にもなります。
鍋本体を洗うときはホーロー製なので汚れに強く、こびりついても洗い落とすのが簡単です。

ホーロー製の鍋が良い理由を詳しく知るには、こちらの記事をご覧ください。
なぜ料理好きの方にホーロー製品が人気なのか?3つの理由を解説

 

コンロ掃除が楽になる

「フタに重みがある」のと「土鍋と比べて高さもある」ため、吹きこぼれが少なく、コンロ掃除が楽になります。

 

少量の調理にも使えて保温性も高い

炊飯以外にも、おかずや煮物、蒸し野菜、少量の揚げ物などを作るのにちょうどよいサイズです。
また、パスタを茹でるときにも、半分に折ったりショートパスタを使ったりして、必要最低限のお湯で作れます。
保温性も高く、鍋の見た目もおしゃれなので、そのまま食卓に並べられて便利です。

次に、デメリットも見てみましょう。

 

「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのデメリット3つ

「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのデメリット3つ

「ラ・ココット de GOHAN」Sサイズのデメリット3つがこちらです。

  • 安定した炊きあがりになるまで何度も調整が必要
  • IHが検知しないことがある
  • 定期的にシーズニングする必要がある

 

 

安定した炊き上がりになるまで何度も調整が必要

使い始めは、安定した炊きあがりになるまで「火加減や炊く時間」を何度も調整する必要があります。
新米の場合や気温、季節によってもブレるので、その都度メモを取るのがおすすめです。
美味しく炊くための火加減と時間の調節を、楽しんでいきましょう。

基本の炊き方

  1. お米を研いで水に浸しておく
  2. フタをあけたまま中火で沸騰するまで加熱
  3. フタをして弱火で10分炊く
  4. 火を止めて10分蒸らす
  5. フタをあけてお米をかるく混ぜてほぐす

 

 

IHが検知しないことがある

IHによっては、Sサイズ(1合用)12㎝の鍋を検知してくれません。
炊き込みご飯や、まとめて炊いて冷凍したい場合には、Mサイズ(2合用)16㎝の鍋にしましょう。


ストウブ の「ラ・ココット de GOHAN」 Mサイズ(2合用)16㎝


定期的にシーズニングする必要がある

ストウブを購入して最初に使う前と、使い始めてからも定期的にシーズニング(油でコーティング)をする必要があります。
鍋を揚げ物に使用しない方は、鉄製のフライパンと同じように油を塗ってメンテナンスしてあげましょう。

 

シーズニングのやり方

  1. 洗剤で汚れを落とす
  2. しっかり乾かし水分を取る
  3. 食用油を塗って3~4分間、弱火にかける
  4. 鍋が冷めてからぺーバータオルで余分な油をふき取る



その後も「表面のツヤ感がなくなってきた」と感じたら、再びシーズニングを行います。
また、普段から金属製品を使用せずに、表面のコーティングを傷つけないようにしましょう。

 

まとめ:炊飯器に戻れなくなるほどの味わいを!

今回は、「劇的にご飯を美味しく炊ける!ストウブ のラ・ココット de GOHANのメリットとデメリット」をテーマにお届けしました。

  • コンパクトなのでそのまま保存できて、洗い物が減り時短になる
  • 少量の調理にも使えて保温性も高い
  • IHを使用しているときや、まとめて炊いて冷凍したい場合には2合炊きの方が良い



「ルクルーゼ」の場合は3合炊きが1番小さいサイズですので、1合で美味しい炊飯鍋はストウブがおすすめです。
炊飯器に戻れなくなるほどの味わいを、ぜひあなたも試してみて下さい。

ストウブ の「ラ・ココット de GOHAN」は、SOLKLANDでも取り扱っていますので、製品の詳細は下記リンクをご覧ください。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。
SOLKLANDはおしゃれ・おもしろ雑貨のセレクトショップです。
あなたの暮らしのスパイスになるような、日常を楽しくする情報を届けられたら嬉しいです。

ストウブ の「ラ・ココット de GOHAN」 ブラック


ストウブ の「ラ・ココット de GOHAN」 グレー

前の記事 トースターが大人気のアラジンってどこの国の会社なの?