コンテンツにスキップ
玉子焼き専用のフライパンで人気なのは意外にも鉄製!その理由とは?

玉子焼き専用のフライパンで人気なのは意外にも鉄製!その理由とは?

お弁当を作ることになったので、ふわふわな玉子焼きを作れるフライパンが欲しい。


今回はこんなお悩みを解決します。

本記事の内容

 

  •  ふわふわな玉子焼きを作るには、鉄製のフライパンが良い理由は?
    ・ふわふわで香ばしく、焼き色が綺麗
    ・丈夫で長く使えるのでコスパが良い
    ・鉄以外の材質だと何が違う?
  • 玉子焼き用のフライパンでおすすめは「リバーライトの極ジャパンシリーズ」
  • 「リバーライト」玉子焼き用鉄製フライパンのおすすめポイント3つ
    ①使い勝手の良さが最高
    ②かわいいデザイン
    ③アウトドア用や餃子、少量の炒め物、揚げ物にも便利
  • 鉄製の玉子焼き専用フライパンの注意点
    ・使い始めは焦げ付きやすい
    ・角に玉子が残りやすく洗いにくい
  • サイズは3種類


こんにちは、SOLKLANDです。

毎日玉子焼きを作るのなら、玉子焼き専用の角型フライパンがあると料理を楽に感じると思いませんか?
しかし「玉子焼き専用」といっても、多くの種類がありどれが良いのか迷い方も多いと思います。

多くの種類があるなかでも、意外ですが鉄製のフライパンがおすすめです。
ふわふわでふわふわで香ばしく、焼き色が綺麗な玉子焼きを作れるからです。

そこで今回は、玉子焼き用の鉄製フライパンで大人気の「リバーライトの極ジャパンシリーズ」について、「おすすめポイントや注意点」をお伝えします。
現在、テフロン加工のフライパンを使用している方もぜひ一度目を通してみて下さい。

鉄製たまご焼き用フライパン「リバーライト」極ジャパン 小 ¥5,500(税込み)


ふわふわな玉子焼きを作るには、鉄製のフライパンが良い理由は?

ふわふわな玉子焼きを作るには、鉄製のフライパンが良い理由は?

鉄製のフライパンを使うと、ふわふわでふわふわで香ばしく、焼き色が綺麗な玉子焼きを作れるのが魅力です。
「鉄のフライパンを使い出すとテフロン加工には戻れない」と言われるほどです。


鉄製フライパンのメリットと、材質による違いをお伝えしていきます。

  • ふわふわで香ばしく、焼き色が綺麗
  • 丈夫で長く使えるのでコスパが良い
  • 鉄以外の材質だと何が違う?

 

ふわふわで香ばしく、焼き色が綺麗

  • 鉄ならではの美味しそうな焼き色と、ふわふわに仕上げられる
  • テフロンやフッ素加工のものより熱の通りが一定で、香ばしく焼ける
  • 箸だけでかんたんに巻けて、出汁の香り豊かなだし巻玉子が作れる

 

 

丈夫で長く使えるのでコスパが良い

丈夫で長く使えるので結果的にコスパが良くなります。
コーティングが剥げて買い直すことがないので、使用後に油をうすく塗っておくと一生ものとして使用可能です。

 

鉄以外の材質だと何が違う?

鉄以外の材質のフライパンはテフロンやフッ素加工のものが多く、コーティングが剥げると2〜3年で買い直す場合があります。


材質によるかんたんな特徴がこちらです。

  • アルミニウム製:軽くて扱いやすい。コーティングが剥がれるとくっつきやすい
  • ステンレス製:サビにくいのが特徴。熱伝導率が低く外側だけ焼けて、内側に火が通りにくい
  • 銅製:ふっくら焼ける。焦げ付きやすく扱いがむずかしい
  • 鉄製:丈夫で長く使える。重いのと油をなじませる手間がある



実際、鉄製のフライパンはどのようなものがあるのかを、次に紹介します。

玉子焼き用のフライパンでおすすめは「リバーライトの極ジャパンシリーズ」

玉子焼き用のフライパンでおすすめは「リバーライトの極ジャパンシリーズ」

玉子焼き用のフライパンでおすすめは「リバーライトの極ジャパンシリーズ」です。
鉄製で専用というのが料理好きに大人気となっています。

玉子焼き用鉄製フライパン「リバーライト」極ジャパン 小 ¥5,500(税込み)


株式会社リバーライト

株式会社リバーライトは1976年に設立され、フライパン・中華鍋を製造を製造する千葉県白井市のブランドです。
フッ素コートされたフライパンの流行にも左右されない、こだわりの鉄製フライパンが世界中で愛されています。


親子2代、3代と受け継がれるフライパンを目指しており、実際にファンの方は「30年前のリバーライトフライパン」を、修理してもらいながら現在も使い続けているほどです。

株式会社リバーライトの公式ホームページ


次に、具体的にどんなところが良いのかを見ていきましょう。

「リバーライト」玉子焼き用鉄製フライパンのおすすめポイント3つ

「リバーライト」玉子焼き用鉄製フライパンのおすすめポイント3つ

「リバーライト」玉子焼き用鉄製フライパンのおすすめポイント3つがこちらです。

  • 使い勝手の良さが最高
  • かわいいデザイン
  • アウトドア用や餃子、少量の炒め物、揚げ物にも便利

 

使い勝手の良さが最高

リバーライトの玉子焼き用フライパンは、使い込むと油がなじんでさらに使いやすくなります。
「丈夫で厚みのある質感」と「木製の持ち手」も安心です。
IH対応で熱伝導率も良いため、他のフライパンより少ない火力で使えます。

かわいいデザイン

鉄のフライパンなのにかわいい。
そのまま食卓に並べても絵になる見栄えの良さです。

アウトドア用や餃子、少量の炒め物、揚げ物にも便利

アウトドア用や餃子、少量の炒め物にも使用できます。
また、ハッシュドポテトなどの揚げ物にも、カリッと仕上がりおすすめです。

続いて、鉄製の玉子焼き専用フライパンの注意点を見てみましょう。

鉄製の玉子焼き専用フライパンの注意点

鉄製の玉子焼き専用フライパンの注意点

鉄製の玉子焼き専用フライパンの注意点がこちらです。

  • 使い始めは焦げ付きやすい
  • 角に玉子が残りやすく洗いにくい

 

 

使い始めは焦げ付きやすい

使い始めのうちは、油をしっかりなじませないと焦げ付きやすいです。
どんどん良くなっていくのを楽しむつもりで、半年ほど使い込みましょう。

角に玉子が残りやすく洗いにくい

角形フライパンならではの角に玉子が残りやすく、角が洗いにくいデメリットがあります。
やはり洗う時には丸形フライパンの方が楽です。

角形フライパンは洗うのがめんどうですが、コンパクトさが良いです。
毎回同じ弁当箱にピッタリあった玉子焼きになるように、サイズを見てみましょう。

サイズは3種類

サイズは3種類

「リバーライト」玉子焼き用鉄製フライパンのサイズは3種類あります。
希望するサイズが決まっていないときは、おすすめサイズは小  (13cm×18cm)です。



まとめ:鉄のフライパンを使い出すとテフロン加工には戻れない

今回は、「玉子焼き専用のフライパンで人気なのは意外にも鉄製!その理由とは?」をテーマにお届けしました。

 

  • 鉄ならではの美味しそうな焼き色と香ばしさ、ふわふわな玉子焼きが作れる
  • 丈夫で長く使えるので結果的にコスパが良い
  • 鉄製は使用後に油をうすく塗っておく必要がある


ぜひあなたも、コーティングなしの鉄製フライパンで美味しい玉子焼きを作ってみて下さい。

お気に入りのフライパンを育てるつもりで、長く使っていきましょう。

リバーライトの「玉子焼き用鉄製フライパン」は、SOLKLANDでも取り扱っていますので、製品の詳細は下記リンクをご覧ください。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。
SOLKLANDはおしゃれ・おもしろ雑貨のセレクトショップです。
あなたの暮らしのスパイスになるような、日常を楽しくする情報を届けられたら嬉しいです。

玉子焼き用鉄製フライパン「リバーライト」極ジャパン  特小 ¥4,400(税込み)

玉子焼き用鉄製フライパン「リバーライト」極ジャパン 小 ¥5,500(税込み)

玉子焼き用鉄製フライパン「リバーライト」極ジャパン 大 ¥6,600(税込み)


前の記事 持ち運びができる「低反発ネックピロー」のメリット・デメリットを解説